フォトフェイシャルはいくら?

フォトフェイシャルをこれから受ける人はどれくらいの費用がかかるのか、それを不安に思っている人もいるのではないでしょうか。確かに安いものではありません。しかし受ける場所によって料金設定は自由に設定されているために差があるのも特徴です。
revistaorganiza2
フォトフェイシャルは保険の適用にはなりませんので、すべて自己負担で受けなければいけませんから事前に、いくらかかるのか調べておいたほうがいいでしょう。そして治療をする際の対象、フォトフェイシャルの治療の種類、ヘッドの使い分けによっても値段はそれぞれのクリニックで違います。値段の目安として相場を見てみると、1回受けるのに、1万円から5万円は必要です。これだけ差がありますので、どこで受けようか慎重になりますね。
一度で受けて終わりでしたらどこで受けてもいいと思うかもしれませんが、一般的に1度の施術で治療は終了しません。だいたい5回から10回で1クールという単位で定期的に受けることが重要で、そうすることで十分な効果が現れるのです。回数を重ねなければいけない治療になればなるほど値段は総額にしてかなりの金額がかかります。最終的に自分が受けたいと思っている治療はどれくらいの費用が必要なのか、回数を1回あたりの料金出かけて計算してみましょう。1回1万円から万円ですから5回受けた場合でも5万円から25万円は必要です。
料金が高いところが効果があるというわけではありませんし、料金が安いからといって効果がないというわけではありませんので、値段だけで選ぶことがないようにしましょう。そして極端に値段が低すぎるところは信頼に欠ける場合もありますから、事前にインターネットの口コミなどを見るなどして本当に安心できるかチェックしておきましょう。
医療機関によって、1クール単位で契約をすれば単発での契約よりもお得な料金設定にしているところもあるでしょうから、前もって値段やキャンペーン、設定価格などをチェックしておきましょう。
フォトフェイシャルを受ける人が増えているのですが、そのメリットはどこにあるのでしょうか。フォトフェイシャルでシミにない肌にするメリットの1番として言えることは肌の悩みの1つにだけ効果があるのではなくて、いくつかの肌トラブルや肌の悩みを抱えている人に対して、それらに同時に効果を期待することが可能であるという点がメリットです。
revistaorganiza1
フォトフェイシャルの光はインテルスパルスライトと呼ばれるライトですが、このライトは、波長の幅が長いのが特徴で、そのために効果が高く得られるのです。シミやソバカスの原因として知られているメラニンに対して反応を起こしますので、メラニンにダメージを与えて、シミ、そばかすを予防、改善することはもちろんですが、コラーゲンを生成する真皮層の細胞に対しても働きかけるので、真皮の細胞は活発に動い出します。しわ、肌質に直接働きかけますので、効果がとても現れやすく、肌は受ける前に比べると大変キメこまかくて、赤ちゃんのような肌になるのが特徴です。
そして同じ光を当てる施術といえばレーザーもありますが、レーザーと違う点として、皮膚の表面は傷つけないメリットがあります。そのために肌に対する負担は一切ありませんし、レーザーを当てる治療の後にはかさぶたができることもあったかと思いますが、かさぶたができることもありませんし、炎症やさらなる肌トラブルを起こすということもないので安心です。施術にかかる時間に関してもとても短時間でスピーディーな施術で終わります。忙しい人にとってスピーディーに治療をしてもらえて肌の調子を整えてキメこまかな肌になれるというのはとてもメリットとしては大きいのではないでしょうか。
限られた時間でも十分高い効果を得ることができ、治療直後から、レーザーのようにメイクができないとか、洗顔ができないというようなことは一切ありませんので、すぐに行うことができますから日常生活に支障を与えることがないのもメリットといえるのではないでしょうか。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

アーカイブ

http://www.ci-z.com/machine/photo.html
http://www.chamberweb.jp/photofacial/basic_knowledge/effect.html
http://www.rirakukan.com/
△PAGE TOP